本文へスキップ

私たちは、あなたの夢を実現する国内統括航空スポーツ団体です。

TEL. 03-3519-2645

〒105-0004 東京都港区新橋1−18−1 航空会館9階

超軽量動力機(ウルトラライトプレーン)についてNEWS&FAQ

ウルトラライトプレーンとは、どのような航空機か?

 ウルトラライトプレーン(マイクロライトプレーン)とは、どのような航空機か?
  一度は自分で飛行機を操縦して大空を飛んでみたい! そんな夢を実現するための近道となる代表的な飛行機です。
  日本の航空法の中では、「超軽量動力機」と位置付けられた航空機の一種です。
  決められている定義はいろいろありますが、代表的なものを抜粋して紹介すると

  1. 着座姿勢で操縦するもので、自重が180kg(一人乗り)、225kg(二人乗り)以下であること
  2. 推進力はプロペラによって得るもので、翼面積10u以上・燃料容量は30L以下であること
  3. 最大水平速度は185km/毎時以下で、対気速度計・高度計などの機器を装備したもの
  4. 車輪・フロートなどの離着陸(水)装置を装備したものであること・・・・等々が定義されています。

飛行するためには、どのような条件や許可などが必要か?

 ウルトラライトプレーンは手軽に飛べる飛行機ですが、上記のように離着陸装置を備えたものですから、すべて航空機扱いになり、航空法上必要な「3つの許可」が必須です。
(守らない場合は航空法の罰則の対象となります)

  1. 機体・・・ウルトラライトプレーンを航空の用に供するためには、機体の安全性などを確認するため、航空法第11条第1項ただし書きの許可を受けることが必要です。
  2. 操縦・・・操縦するためには、操縦者の技量などを確認するため航空法第28条第3項の許可を受けることが必要です。
  3. 場所・・・航空機の一種ですので、どこで飛んでも良いと言うことにはなりません。離着陸させる為には離着陸行為の安全性を確認するため、航空法第79条ただし書きによる、離着陸場として許可された場所であることが必要です。

※許可申請の窓口は、1、2が国土交通省東京航空局・大阪航空局です。3は離着陸場所を管轄する空港事務所になります。

必要な許可を受けるための訓練施設や申請方法は?その費用のおおよその目安は?

 一般の方でチャレンジする場合、ウルトラライトプレーンの愛好家が集う「最寄り地域のフライングクラブ」や併設の「スクール」に入会するのが近道でしょう。=>リンク集へ
 訓練期間は、個人差もありますが20日〜50日位が一般的でしょう。(訓練ステップのメニューなども航空局通達の中に規定があります)
 費用は各施設(クラブ)によって内容が色々ですが、一般の自家用飛行機の操縦免許と比較すれば相当安価です。
 許可申請の手続きは、該当施設(クラブ)に常駐する安全管理者・操縦指導者の資格を持った方が技量認定などを行って許可申請書を航空局に提出します。承認されれば航空局から「許可書」が発行されます。

「ウルトラライトプレーンは自分で機体を組み立てられる」という話があるが、素人・初心者でも可能か?

 全くの初心者は難しいでしょう。ある程度、物造り・興味の深い方なら可能性があります。
 この場合も航空法第11条第1項ただし書きの、機体許可を受ける際の前提条件があります。
 例えば、

  1. 「設計者や製造者(主として外国メーカーのキットが多い)が定めるマニュアルなどで指定した手順に従っているか?(マニュアルの存在確認も)
  2. 同型式、類似型式について十分な組立て経験を有する者が組み立てているか?
  3. ウルトラライトプレーンの範疇であるのか?

ウルトラライトプレーンの愛好家は多いですか?

 興味をお持ちの方は多いと思います。
 日本では「航空スポーツ」(レジャー用)として普及しています。
 そして言うまでもなく「遵法精神と安全思想」が必須条件となります。

是非、皆さんも「空を楽しく安全に」をモットーに大空を飛んでみましょう!

バナースペース

NPO法人
日本マイクロライト航空連盟

〒105-0004
東京都港区新橋1−18−1 航空会館9階

TEL 03-3519-2645
FAX 03-3519-2646

members.htmlへのリンク